名古屋製菓専門学校

製パン科

ヨーロッパで歴史を積み重ね、
今日に至るパン作りの奥深さを
1年を通じて学び、即戦力として活躍できる
ブーランジェを目指します。

製パン科の特徴

POINT.1

製パンに特化した豊富な実習時間
製パンに特化した学科なので、週に3日も1日を通しての実習があります。たくさんの種類のパンを豊富な実習時間の中で学び、基本を身につける反復練習から発展応用まで集中的に習得します。

POINT.2

パン作りに欠かせない設備や材料が充実
現場と同じ専門的な機械で授業を行うので、即戦力として活躍する知識を身につけることができます。また、さまざまな種類の材料の取り扱いも学べます。

POINT.3

製パンの基本を座学からも学び、
食品学や栄養・衛生学などの授業もある
パン作りの基本となる、製パン理論と実習を連動したカリキュラムで、製パンの基本を詳しく理解することができます。また、食に関するさまざまな知識を身につける座学があります。

POINT.4

伝統校ならではの信用・信頼・高い就職実績で、
希望の進路を安心サポート
長年の実績により、県内外からたくさんの求人が寄せられます。また、就職講座やパン業教養の授業を通じて、担当者が一人ひとりに合った就職活動を指導、サポートします。

POINT.5

全国から集まる一流の講師陣
全国から一流の講師陣が集まっているので、現場で役立つ幅広いスキルや豊富な知識が得られます。担任制もとっているので、安心して学べます。

カリキュラム

実践的なカリキュラムで、現場ですぐに活躍できる
ブーランジェを目指します。

パン職人になるための
実践的なカリキュラム

ヨーロッパで歴史を積み重ねて今日に至るパン作りの奥深さを、
中部地区屈指の職人から1年を通じて学ぶことができます。

時間割
1時限
9:30~11:00
製パン
実習
製パン
実習
製パン
実習
就職講座 パン業経営
2時限
11:10~12:40
パン業
教養
製パン理論
3時限
13:30~15:00
フランス語 栄養・衛生
4時限
15:10~16:40
食品学 デザイン・カラー
コーディネイト

は実習

ブーランジェとして
自立するための知識と
技術を習得する授業

  • 製パン実習 パン作りの基本を学び、発展、応用の授業も行います。
  • 製パン理論 パン作りに使う材料からパンの製法まで幅広く学びます。製パン実習と連動しているので、わかりやすく学べます。
  • 食品学 食品の種類、物性、成分、利用法に加え、食品中の主要成分、微量成分とその機能、食品成分間の反応について学びます。
  • 栄養・衛生 健康な食生活を送るために必要な各栄養素の働きや、バランスの良い食事メニューについて学びます。
  • パン業経営 製パン店の経営やマーケティングなど、幅広い知識を学びます。

就職活動サポート&
実践的カリキュラム

  • 就職講座 挨拶や礼儀作法など、社会人として必要なビジネスマナーを習得するための授業。接客をするうえでも役立ちます。
  • パン業教養 パンの歴史、パン業界の現状など必要な知識を学びます。

多彩で実践的なカリキュラム

  • デザイン・
    カラーコーディネイト
    デッサンや造形、色彩などを学び、センスを磨く勉強をします。
  • フランス語 道具や材料の名前なども学び専門用語の理解を深めます。

在学中、卒業後に
取得できる資格

  • パン製造技能士 特級·1級·2級(国家資格) 製パン工程における技能を総合的に評価する資格です。製パン科卒業生は、卒業と同時に2級の受験資格が得られます。1級は2級取得後2年の実務経験で受験資格が得られます。

その他、こんな資格が取得できます!

  • 文部科学省後援ビジネス能力検定ジョブパス

習得技術

フランスやドイツをはじめとする
世界各国のパンを学ぶ

成形・焼成までのさまざまな技術を1年間で総合的に身につけます。
自家製酵母を使用したオリジナルのパンを作ることもできます。

前期

基本の製パン技術から
機械の管理までをマスター

製造品目

  • バターロール
  • あんぱん
  • クリームパン
  • メロンパン
  • コルネ
  • 食パン
  • 丸パン
  • クルミパン
  • 手捏ね(バターロール)
  • ブレッツェン
  • カイザーゼンメル
  • カレーパン
  • 三つ編みパン

期末試験

後期

あらゆる製パン技術を習得
洋菓子にも触れる

製造品目

  • バゲット
  • ブリオッシュ
  • シュトレン
  • クロワッサン
  • パン・ド・カンパーニュ
  • チャバタ
  • パン・オ・ショコラ
  • 明太フランス
  • リュスティック
  • サワー種、ルヴァンを使ったパン

卒業作品制作、期末試験

パンを作るだけじゃプロになれない!
ピックアップレッスン

  • 惣菜パンもたくさん学びます
  • イベント用のパンも作ります(ヨーロッパのクリスマスの定番シュトーレン)
  • パンの世界に必要なフランス語も学びます
  • 設備の使い方、安全管理も完璧に

講師紹介

スペシャル講師

  • スペシャル
    授業講師

    クープ・ドゥ・モンド日本代表監督
    【特別講師】トラン・ブルー(岐阜県高山市)シェフブーランジェ

    成瀬 正

    フランスで3年ごとに開催されるベーカリーのワールドカップ「クープ・ドゥ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジェリー」第3位の実績を持ち、2012年大会では日本代表監督としてチームを世界一に導いた成瀬氏。その、世界に誇る繊細なパン作りを体感します。

  • スペシャル
    授業講師

    パン業界の第一人者
    【特別講師】シニフィアン・シニフィエ(東京都)シェフブーランジェ

    志賀 勝栄

    長時間発酵による粉の旨みを引き出すパン作りと、素材・製法への自由なアプローチ、独自の表現で知られている志賀氏。数々のブランドを立ち上げた経歴を持ち、全国にその名を轟かせるカリスマパン職人による直接講義です。

在校生の声

製パン科の先輩たちに学生生活について質問してみました!
学科選びの参考になるかも!?

写真左から、岩崎さん、岡田さん、竹内さん、木村さん

※2018年実施
Question 製パン科を選んだ理由は?
Answer
  • 岡田さん パンを食べるのが好きで、自然とパン作りに興味がわきました。
    学校案内のパンフレットを参考に、学校を選びました。

  • 木村さん 私もパンフレットを参考にしながら、他の学校と比較して決めました。
    パンが好きな私にとって、ぴったりな学校にめぐりあえました。

  • 竹内さん 私の場合は、毎日の通学のことも考えて選びました。
    設備面が充実しているので、本格的にパンを学びたい人にはお勧めです。

  • 岩崎さん 僕はCMを見て、体験入学に参加しました。
    パン屋さんになりたいという夢があり、それを叶えるには最適な環境でした。

Question学校生活で楽しいことはなんですか?
Answer
  • 岡田さん 食べるのも好きだし、作るのも好き。今は総ての時間が楽しいです。
    大変なこともあるけど、作ったパンを喜んでもらえたときは幸せです。

  • 木村さん 私は実習でパンを作ることが楽しいです。
    みんなでパンを作って、それを食べることが楽しみになっています。

  • 竹内さん 周りの友達と、同じ夢について語り合えるのが楽しいです。
    たくさんの種類のパンを実習で学べるので、とても経験値が上がります。

  • 岩崎さん さまざまな先生に教えていただき、パンの世界を広く知ることができたことがよかったです。
    クラスのみんなと過ごす時間はとても楽しいです。

Question実習で作る好きなパンは?
Answer
  • 岡田さん リュスティック、クロワッサン、クロワッサンザマンド、アテット、ベーコンエピなど。パン好きだから、何でも好きです。

  • 木村さん 1つに絞るなら、チョコマカダミアでしょうか?
    マカダミアナッツの香ばしさとチョコのハーモニーは、大人の味わいです。

  • 竹内さん ドイツなどではクリスマスに食べられるシュトーレン。
    でき上がったときの香りが大好きです。

  • 岩崎さん 僕は、カレーパンや黒糖の食パンが好きです。
    ゆくゆくは自分の味を見つけられるといいなと思っています。

Q&A

Questionどのようなところに就職できますか?
Answer

個人オーナーのパン屋さん、ホテルの厨房の製パン部、レストランや食品メーカーなど企業も多彩!洋菓子店に負けない求人数があるから、いろいろ選べますよ!
(製パン科/男子学生)

Question実習時間はたくさんありますか?
Answer

一日まるっと実習を行う日が週に3日あります。朝から夕方までパン作りに集中できるカリキュラムで、中身の濃い充実した毎日です。
(製パン科/女子学生)