名古屋製菓専門学校

洋菓子技術マスター科

製菓の基本知識や技術をしっかり学び
製菓職の現場で役立つ実践技術を
総合的に身につけます。

洋菓子技術マスター科の特徴

POINT.1

製菓衛生師免許(国家資格)を在学中に取得可能
通常、2年以上の実務経験がないと受験できない国家資格ですが、国から認可を受けている当校で学んでいただくことで、1年次終了後、在学中に受験できます。試験対策の授業も行います。

POINT.2

2年間で2400時間を超える圧倒的な授業時間数
基礎からしっかりと学んでいただくために、圧倒的な授業時間数を確保しました。基本の技術からアメ細工など応用の技術まで、現場と同じ機材を備えた環境で学べます。豊富な実習時間や国家資格取得に向けた授業で、パティシエの仕事を基礎からしっかり学べます。

POINT.3

全国のコンテストで大活躍
名古屋製菓は全国トップレベル
技能五輪全国大会、ジャパン・ケーキショー東京、中部洋菓子技術コンテスト大会に出場し、3つの大会で1位を獲得しているのは県内で名古屋製菓だけ。高い指導力と技術力を持つ証として、全国的に評価されるコンテスト実績です。

POINT.4

伝統校ならではの信用・信頼・高い就職実績で、
希望の進路を安心サポート
長年の実績により、県内外からたくさんの求人が寄せられます。また、就職講座や社会の授業を通じて、担当者が一人ひとりに合った就職活動を2年間指導、サポートします。

POINT.5

全国から集まる一流の講師陣が60名以上
全国から一流の講師陣が集まっているので、現場で役立つ幅広いスキルや豊富な知識が得られます。さらに、フランスの提携校からは、国家最高職人の称号を持つ講師が来校して授業を実施。常勤講師も多く、担任制もとっているので、安心して学べます。

カリキュラム

プロ仕様の器具・機械で基本から応用まで、
幅広い技術を習得します。

1年次:計量から仕上げまで、
洋菓子の基礎を学ぶ

洋菓子の基礎を学ぶため、計量から仕上げまでも一人ひとりが行う、
1人1台・1回の実習がたくさんあります。
国家資格取得のために国が定めたカリキュラムを組んでいるので、座学が多くなっています。

1年次時間割
1時限
9:30~11:00
食品
衛生学
衛生法規 製菓理論 就職講座 製菓実習
2時限
11:10~12:40
公衆衛生学 社会 栄養学
3時限
13:30~15:00
製菓実習 デザイン・カラー
コーディネイト
製菓実習 製菓実習 製菓理論
4時限
15:10~16:40
食品学 フランス語

は製菓衛生師(国家資格)取得を目指す授業

2年次:より複雑で
高度テクニックを習得する

1年次に習得した基礎を応用し、より複雑なお菓子やアメ細工、パティヤージュなどの
デコレーション技術を学び、より高度なテクニックを習得します。

2年次時間割
1時限
9:30~11:00
製菓実習 製菓実習 製菓理論 製菓理論 製菓実習
2時限
11:10~12:40
社会 デザイン・カラー
コーディネイト
3時限
13:30~15:00
製菓実習 製菓実習 就職講座
4時限
15:10~16:40
フランス語

製菓衛生師(国家資格)取得を
目指す授業

  • 製菓実習 ケーキやパン、和菓子、カフェについて学びます。
  • 製菓理論 お菓子の分類、お菓子作りの基礎理論、お菓子と添加物などについて学びます。
  • 食品学 食品の種類、物性、成分、利用法に加え、食品中の主要成分、微量成分とその機能、食品成分間の反応について学びます。
  • 衛生法規 製菓衛生師に関わる法律を中心に学びます。
  • 食品衛生学 食中毒予防など食品の安全性について基礎から学びます。
  • 栄養学 健康な食生活を送るために必要な各栄養素の働きや、バランスの良い食事メニューについて学びます。
  • 公衆衛生学 健康である意義について、わたしたちの周囲を取り巻く環境とともに学びます。

在学中に、国家資格である「製菓衛生師」取得を目指します!

「製菓衛生師」は、食の安全管理などの専門知識を備えていることを証明する国家資格。
製菓業界での活躍の場が広がります。厚生労働省に認可されている本校では、
洋菓子技術マスター科1年を修了することで受験資格が得られます。

《2020年の合格率》
名古屋製菓専門学校 94.0%(愛知県 85.3%)

2年間の就職活動サポート&
実践的カリキュラム

  • 就職講座 挨拶や礼儀作法など、社会人として必要なビジネスマナーを習得するための授業。接客をするうえでも役立ちます。
  • 社会 お菓子の歴史、洋菓子店の現状を学ぶとともに、その他の小売業のしくみなど、幅広く学びます。

多彩で実践的なカリキュラム

  • デザイン・
    カラーコーディネイト
    デッサンや造形、色彩などを学び、センスを磨く勉強をします。
  • フランス語 道具や材料の名前なども学び専門用語の理解を深めます。

在学中、卒業後に
取得できる資格

  • 製菓衛生師(国家資格) 製菓技術だけでなく、食の安全管理などの専門知識を備えていることを証明する国家資格です。製菓業界での活躍の場が広がります。厚生労働省に認可されている本校では、洋菓子技術マスター科1年を修了することで受験資格が得られます。
  • 菓子製造技能士 1級·2級(国家資格) 製菓製造技能の高さを証明する資格です。2級は卒業と同時に、1級は2級取得後2年の実務経験で受験資格が得られます。
  • 職業訓練指導員 公共の職業能力開発施設や民間の職業訓練施設などで、知識や技術を指導できる資格です。卒業後、4年間の実務経験で受験資格が得られます。

その他、こんな資格が取得できます!

  • 食品衛生責任者
  • 文部科学省後援ビジネス能力検定ジョブパス
  • 株式会社ラッピング協会認定ラッピングコーディネーター
  • 一般社団法人商業ラッピング協会3級

習得技術

1年次:基礎の知識・技術を習得

本場ヨーロッパのお菓子を中心に各国の伝統菓子を学びます。

前期

道具の使い方からお菓子作りの
基本の技術までを徹底

製造品目

  • ジェノワーズ(スポンジ生地)
  • ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール
  • シュー・ア・ラ・クレーム
  • シュー・パリジャン
  • パウンドケーキ
  • マドレーヌ
  • フィナンシェ
  • クレーム・オ・カラメル
  • ジュレ・オ・パンプルムース
  • シャルロット・オ・ポワール など

期末試験

後期

細工菓子などの技を習得
和菓子・パンにも触れる

製造品目

  • マジパン細工
  • ショソン・オ・ポム
  • ピティビエ
  • ブッシュ・ド・ノエル
  • チョコレート
  • ムース・オ・ショコラ
  • 和菓子
    (紅白饅頭/上用饅頭/赤飯/鏡餅/黄身時雨/苺大福/桜餅など)
  • 製パン(あんパン) など

進級作品制作・期末試験

2年次:高度な技術を学ぶ

チョコレートやアメ細工を学び、テクニックの幅を広げます。

前期

実践力に磨きをかける

製造品目

  • サンマルク
  • パリブレスト
  • エクレール 
  • カントリークッキー
  • ケイクカマンベール 
  • タルトシトロン
  • タルトフレーズ 
  • ショコラパッション
  • ルージュピスターシュ
  • フール・セック
  • グラス(アイスクリーム)
  • アシェット・デセール
  • パスティヤージュ
  • グラスロワイヤル
  • ウェディングケーキ
  • 和菓子(生菓子/半生菓子)
  • 製パン(パン・ド・ミ/バゲット/ブリオッシュ) など

期末試験

後期

より高度な技を磨く

製造品目

  • あめ細工
  • チョコレート
  • コアントロー
  • サバラン
  • シブースト・ポム 
  • クレメダンジュ4種
  • ショコラ・ブラン
  • さつまいものフロランタン
  • ピスターシュ
  • オランジュリー
  • モン・カフェ
  • イベント菓子(バレンタイン/ホワイトデー)
  • 和菓子(練り切り/雲平など)
  • 製パン(シュトーレン/ベーグル/クグロフ) など

進級作品制作・期末試験

ケーキ作りだけじゃプロになれない!
ピックアップレッスン

  • ラッピングのテクニックも学びます
  • 洋菓子のレシピはフランス語も使用
  • 洋菓子技術マスター科でも製パンの基礎を学びます
  • あめ細工の基礎も学びます

講師紹介

スペシャル講師

  • スペシャル
    授業講師

    日本洋菓子界の重鎮
    【名誉講師】 黄綬褒章受章

    阿部 忠二

    黄綬褒章を受章した数少ない洋菓子職人としてトップパティシエたちの指導にあたり、今なお日本洋菓子界を牽引する阿部氏。この道数十年の卓越した技を間近で見て学びます。

    1984年
    第20回全国菓子大博覧会 全菓博会長賞
    1988年
    第21回全国菓子大博覧会(工芸菓子大作)
    世界洋菓子連盟会長賞(第1位)
    1988年
    第21回全国菓子大博覧会(大型デコレーション)
    厚生大臣賞(第3位)
    1991年
    大阪府知事表彰 大阪府優秀技能者
    1993年
    アカデミーキュリネール・ド・フランス会員証受賞
    1998年
    卓越技能章
    2001年
    黄綬褒章
  • スペシャル
    授業講師

    「現代の名工」受賞
    【特別講師】 公益社団法人 東京都洋菓子協会

    中村 勇

    スイス、フランス、ドイツ、デンマークと、ヨーロッパ各国での修業経験があり、卓越した技術者として国から「現代の名工」に選ばれています。

    2011年度
    愛知県優秀技能者
  • スペシャル
    授業講師

    フランス名門製菓校 校長
    【特別講師】 M.O.F. (フランス最高技術職人)

    ジャン・ミッシェル・ペルション

    世界のパティシエが学びにやってくる、プロのための製菓学校の名門「ベルエ・コンセイユ」で校長を務め、M.O.F.の称号を持つペルション氏。本場フランス菓子職人の華麗な手さばきが魅了します。

  • スペシャル
    授業講師

    株式会社クラブハリエ 代表取締役社長グランシェフ
    【特別講師】

    山本 隆夫

    滋賀・近江八幡の和菓子鋪「たねや」に生まれ、修業を経て現在はクラブハリエ代表取締役社長グランシェフとして4ブランドを展開。世界大会に2度出場し優勝、準優勝へと導く。

在校生の声

洋菓子技術マスター科の先輩たちに学生生活について
質問してみました!
学科選びの参考になるかも!?

写真左から、狩川さん、伊藤さん、角田さん、永井さん

※2018年実施
Question洋菓子技術マスター科を選んだ理由は?
Answer
  • 角田さん 体験入学に来て、楽しそうに学んでいる先輩達を見て憧れました。
    すごく活気があって、ここで学びたいって思いました。

  • 伊藤さん 私も体験入学の印象がよかった。
    高校とは全く雰囲気が違って、学校に通うことがほんとうに楽しそうな先輩ばかりだった。

  • 永井さん 先輩達はすごく楽しそう。先生達はすごく真剣。
    熱心に指導してもらえそうな感じがよかったです。

  • 狩川さん パティシエになって自分の店を持つ夢を持ってる人がいっぱいで、たくさんの刺激をもらえそうな気がしました。

Question学校生活で楽しいことはなんですか?
Answer
  • 角田さん やっぱり実習は楽しいです。常に次のことを考えて動くとか、作り方以外でも学ぶ部分が多いです。

  • 伊藤さん 常にクラスで動くっていう意識を持つと仲間意識が生まれます。
    たいへんな面もあるけど、助け合う気持ちは大切だなと思います。

  • 永井さん やっていて楽しいのは僕も実習です。お菓子の作り方だけでなく、挨拶などの礼儀を身に付けることができるのは、将来に役立つと思ってます。

  • 狩川さん たくさんの種類のケーキ作りを学べること。多分、圧倒的に多いと思います。
    いろいろな材料や作り方を実習で学べる環境はとても理想的です。

Question実習で作る好きなお菓子は?
Answer
  • 角田さん フルーツの果汁を使ったムースを作った時は、みずみずしいおいしさに驚きました。

  • 伊藤さん いろいろな工程を重ねて作るムースが好きです。
    アレンジ次第で、いろいろなバリエーションが作れそう。

  • 永井さん 僕もムース系のケーキが好きです。
    手間がかかる分、できた時のよろこびも大きいです。

  • 狩川さん 僕はフィナンシェです。家族にも試食してもらったけど、何度作っても好評でしたよ。

Q&A

Question実習は何人で行いますか? 作ったお菓子はどうしますか?
Answer

1テーブル3~6名の少人数で作業します。作ったお菓子は基本持ち帰ります。製パン科の友達と、ケーキとパンを交換したりもします!
(洋菓子科2年/女子学生)

Questionひとクラス何人?男なので女性が多いとやっていけるか心配です。
Answer

洋菓子技術マスター科は約40名(男10/女30)です。男女はあまり関係なく仲間になれますよ!
(洋菓子科2年/男子学生)